土曜日, 1月 30, 2010

バンコクから近いビーチのパタヤ

バンコクで過ごす週末は、いろいろあります。

買い物が好きなら、マーケットにいく。
リラックスしたければ、マッサージにいく。

いろいろありますが、今回はパタヤにきました。パタヤには、沢山のアトラクションがありますが、今回は、ゴーカートとティファニィ。

カートは、ありがちな遊園地カートではなく、一応本物のカートです。サーキットは、カート場そのものなので、仲間で競うのも良し。趣味としてやるのも良いです。

今日も、白人の伯父さんが、アイルトンセナのヘルメットとブルーのレーシングスーツで楽しんでいました。ちなみに、料金は、
レース用スペック 500バーツ
普通のスペック 300バーツ
です。細かい料金は忘れました。

短パン、ティーシャツでサンダルでしたが、靴を借りて、シャツとヘルメットを借りてそのまま運転できます。

あとは、ティファニィ。
オカマショーです。

まあ、好きならいいかな。
タイ人料金で、450バーツ。

夜は、マッサージして酒飲んで寝ます(笑)

なかなか楽しい週末です。

月曜日, 1月 18, 2010

タイの交通手段

タイでの移動は、主にタクシーだというはなしは、前にかきました。

ただし、このオススメのタクシーでも、問題があります。

1番に驚くのは、
行き先を乗る前に告げて、許可を得る行為が必要なこと。

これは、日本人にとって、ストレスになります。しかも、運転手はいろいろな愚痴や交渉を持ちかけたりします。

たとえば、
渋滞だからいかない、でも、百バーツくれたら行く!
など、メーターを使わない交渉をもちかけたり、ただ行かないと言ったり本当にいろいろあります。

でも、車をよーく見ると気がつきました。

彼等は、タクシーを改造してマフラーを爆音にしたり、車内にアクセサリーをつけたり、日本のタクシーではあり得ない仕様にしています。中には車高が低いものもあります。

そう、彼等は走り屋さん。

運転が好きなので、仕事を運転手にして、まるで映画「タクシー」の主人公のようなつもりなのです。

だから、わたしはこんな理解にしています。

バンコクにタクシーはなくて、走り屋のヒッチハイクをしているんだ。だから、料金も安い。

時々道を知らないタクシーに当たっても、素人だから気にしない。

こんな感じていきましょう。

金曜日, 1月 15, 2010

バンコク市内(街)での両替について

両替は日本人にとってさけられないことなのです。
一番大事なことかもしれません。

バンコクの有名な両替手段としては、
・銀行で両替
・ヤミ両替
と2つの方法があります。

銀行の両替は、街に「EXCHANGE」という看板がありますので、そこを利用することをさします。
もっともかんたんで、どこでも見つかる分、料金は高めです。

一方、ヤミ両替というものもあるのが、面白いです。
有名どころとしては、
・スーパーリッチ
・タニヤの酒屋
・イスラム街(スクンビットソイ3)
になると思います。

ただし、1万円あたりで100バーツの違いも無いので、もし数万円の両替なら
最寄りの銀行で両替すべきです。

自分は、5万円以上の場合に上記の両替に行くようにしています。
それ以外は銀行で十分です。タクシー代が安い街でも、損するのでw

タイ・ブログランキング


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

日曜日, 1月 10, 2010

タイ スワンナブーム空港からの移動手段

スワンナブーム空港からの移動は、たくさんありますが、今はまだ鉄道が開通していないので、タクシーが主な移動手段になります。

バスもありますが、ローカルバスは、タイ文字で行き先が書いてあるだけなのと、あまりにも乱暴な運転なので、旅行者にはおすすめしません。

タイはタクシーが激安なので、バスに乗る必要はないと思います。もちろん、タイ生活になれてきたら、バスも新たな発見になります!

空港からのタクシーは、入国してからすぐの、リムジンタクシーを無視して、一階のパブリックタクシー乗り場で捕まえましょう。手数料が50バーツかかりますが、英語が通じる受付なので、間違えが少ないです。

ちなみに、タイの一般人に"ホテル"と言ってもわからない事が多いです。

バンコク市街地まで、大体400バーツが目安です。手数料の50バーツ込みで降りるときにはらいます。

ちなみに、バスだと150バーツ位です。

基本的に、メータータクシーなのですが、メーターを動かしているがチェックしておきましょうね。

土曜日, 1月 09, 2010

タイの空港で、

みなさん、タイを訪問するとき、一番悩むのは、両替ではないでしょうか?

タイはバーツと呼ばれる通貨を使用していますが、この両替は日本の銀行で両替できても、レートが悪いので、タイに来てから両替しましょう。

アメリカに行くときは、日本の銀行で両替するのが、お得だと言われていますが、タイは先進国ではないので、外貨獲得したい国の部類に入り、当然タイ国内のレートも良いです。また、日本にとってもあまり、ニーズがないので手数料を高く取ることになります。

だから、両替はタイでしましょう。
空港で、少し換えればあとは、街中でも換えれます。

タイブログランキングに参加中!!

タイブログランキングに参加中!!
タイブログランキング参加中です。もし、一位になったらこの飛行機に乗って搭乗記を書きます。